10/29(金) JT、南九州ファミリーマートによる姶良市へのSDGsバッジ寄贈式について~「JTの森 重富」の木材を活用したSDGsバッジの寄贈を通し、地域貢献活動を推進~

株式会社南九州ファミリーマート(本社:鹿児島市真砂本町/代表取締役社長 飯塚 隆)とJT 鹿児島支店(所在地:鹿児島市加治屋町/支店長 山田 康貴)は10月29日(金)に、姶良市脇元にある「JTの森 重富」の木材(クスノキ)を活用し作成したSDGsバッジ300個を姶良市へ寄贈します。



両社は地域に根ざした活動において、パートナーシップを基盤に推進していくという点で共通しており、2020年より本格的に協働を開始しました。2020年11月には、「JTの森 重富」にて湯元市長や職員の方々も参加いただき、南九州ファミリーマート、JT、姶良市の三者による森林保全活動を実施しました。
このたび、「JTの森 重富」が姶良市にあることに加え、姶良市とともに森林保全活動を行ったご縁から、SDGsバッジを寄贈することとなりました。本SDGsバッジは、11月に実施した森林保全活動にて作業道整備に際し生じた木材から制作したものです。
南九州ファミリーマートとJT鹿児島支店は、清掃活動をはじめとする地域に根ざした活動を、今後も協働で行ってまいります。

贈呈式の概要

贈呈日時2021年10月29日(金) 11:00~11:30
場  所姶良市役所(姶良市加治木町本町253 加治木総合支所 北庁舎2階 災害応対室)
※本庁舎建替え工事のため加治木支所が仮庁舎となっております
出 席 者姶良市 姶良市長 湯元 敏浩
株式会社南九州ファミリーマート 代表取締役社長 飯塚 隆
日本たばこ産業株式会社 鹿児島支店:支店長 山田 康貴

マスコミ関係者の皆様には、ご多忙のおり誠に恐縮ですが、ご取材賜りますようお願い申し上げます。

※共同リリースのため、重複して配信される場合がございますが、あらかじめご了承ください。

【参考】

JTの森 重富について

重富の森は、昭和23年にJTの前身の大蔵省専売局が、樟脳を精製する原木となるクスノキを育成するために取得しました。たばこや塩と同様に、樟脳も専売制(明治36年-昭和37年)が敷かれ、外貨獲得や近代化学工業の先駆けであるセルロイド工業の原料として、明治から昭和初期の経済発展の一翼を担いました。クスノキ育成林の役目を終えた後は未利用資産として管理されたため、東京ドーム21個分(約98ha)の広大な森は、多様な草木や生き物が暮らし、数々の渡り鳥たちが羽を休めにやってくる豊かな森に育ちました。今では地域の方々の憩いの場や散策コースとして利用されています。

JT鹿児島支店と南九州ファミリーマートとの活動

2020年11月7日「JTの森 重富」における森林保全活動
2021年4月23日 鹿児島中央駅周辺における清掃活動
2021年10月29日 姶良市へのSDGsバッジ寄贈式
2021年11月2日 天文館周辺における清掃活動実施予定